Home > 仕事 > 理想の集団

理想の集団

  • Posted by: hayax
  • 2010年4月20日 14:06
  • 仕事

どうもお疲れ様です。


最近、理想の集団のあり方について考えることが多くなりました。


ぼくはサッカーと柔道をしてたこともあり、それなりにチームプレーを知っていると思っていますし、団体のあり方というのは分かっていると思います。

サッカーは小学校 3 年から中学 3 年まで、中学の時は J リーグの下部組織でやってたりもしました。

柔道は小学 1 年からつい数年前までやってました。
柔道は個人競技、、というように見られがちですが、学生の時は団体戦があったりするので、単なる個人競技とは違ってきます。

サッカーではキーパーをしてました。
言わずもがな、ぼくが抜かれたら点が入るところでした。

柔道の団体戦、先方は後ろの選手にプレッシャーをかけないためにも、試合を優位に進めることが出来るような柔道をしなければいけませんでした。
要は動きで相手を上回って、チームとしての力量で負けを感じさせないようにしないといけなかったわけですね。
リーディングヒッターが塁に出る為に相手の出端をくじくバッティングをすることと同じ感覚です。

大将は全幅の信頼を寄せられています。
負けるわけにはいきません。


スポーツと会社とでは少しばかり意味合いが変わるかも知れませんが、今、ぼくがいる位置はキャプテンです。
ぼくが退くわけにはいかないですし負けるわけにはいかないです。
誰よりも仕事の量も質も長けてないといけないわけです。
キャプテンが信用を失った瞬間、そのチームは必ず崩れてしまいます。
誰もが認めるキャプテンがいるチームは強いです。
なかなかペースを掴ませてもらえません。

SEMラボラトリーもそういう会社でありたいです。
ぼくが一人で頑張るのではなく、個々が果たすべき責任を果たし、結果を出す。
地道な努力が信用や信頼を生み、それが自信や誇りになり、力になると思っています。
疑う余地がないくらいに強い組織でありたいです。

そのためにももっと頑張らないと。。

と、最近、少しばかり落ち着きを取り戻し始めたわけですが、そのとたん、改めて実感したことがあり、そんなことを考えていました。


何となくそんなことを考えたお昼、気合いが入ってきました。
まだまだ頑張るぞ。


では。

関連エントリー

Comments:0

Comment Form

Home > 仕事 > 理想の集団

ブログ内検索
Feeds
Links

Return to page top