Home > 仕事 > ちょっとした安心を憶えた瞬間

ちょっとした安心を憶えた瞬間

  • Posted by: hayax
  • 2009年10月26日 15:30
  • 仕事

どうもお疲れ様です。


さっき、 web 担当者フォーラムの記事で面白い記事を発見しました。
というか、 sphinn japan でその記事を発見しました。


※ sphinn japan に取り上げられた記事
Sphinn Japan - 『検索エンジンではなくユーザーのことだけを考えろ』なんてSEO論は大間違いだ | Web担当者Forum


※元記事
『検索エンジンではなくユーザーのことだけを考えろ』なんてSEO論は大間違いだ | Web担当者Forum


こういう記事を見るとちょっとした安心みたいなのを感じます。w


ぼくは seo 対策論や sphinn blog で、 seo 対策に関する概念やロジックやアルゴリズム的なことを書くことがあります。
勿論、それが「アタリ」か「ハズレ」かは分かりませんし、知っているわけでもありません。
ただ、ぼくが見て感じたことや可能性として考えられることを書いています。


業界の風潮では、「そういうのはもういいだろう、、、」的な感じが見え隠れすることがあります。
「 seo 対策の詰まるところはどれだけ利用されるか(ユーザーフレンドリーになれるか)。」みたいな一言で終始するため、それに関する言及はまだ見てもらいやすいのですが、一つ一つの動作やロジックにスポットを当てたアルゴリズム的発想はあまり好かれないように感じています。

それは致し方ないことで、「 seo 対策はサイト運営という全体枠の中の要素でしかないわけで、、、」ということについては、勿論、それも一つの正しい考え方だとは思っています。


ただ、ユーザーが判断する前に、検索エンジンに引っ掛かったことがキッカケで有名になることもあったりします。
また、検索エンジンに引っ掛かるには、必ずワケがあるわけです。
キーワードが入っていないのに、連想ゲーム的発想で検索エンジンの検索結果にサイトが表示されることはありません。

必ずキーワードが入っているから検索結果に表示され、検索エンジンが判定し易い、若しくは見やすいサイト構成になるから検索結果の上位に表示されやすくなるのだと思います。

そういったことを踏まえると、一つ一つのロジックはバカに出来ないです。
また、それらの情報を検索エンジン各社に「ユーザー意見としてフィードバックしている」と考えれば、間違えたことを書いてたとしても、強ち否定は出来ない存在だと考えています。

それがスパムに悪用されるのは如何なものかとは思いますが、これから作られる長い歴史の一つと思えば、大した問題でもないように思います。
いや、だからと言って、スパムを許していい、というわけではありません。^^;


そういうように考えているせいか、これからも動作ロジック的な話はしたいと思いますし、「検索エンジンマーケティングを科学する。」ではないのですが、一つ一つ論理立て、ビジネスとして成り立つようにしていきたいと思っています。

うーむ、、少し違うかな。。
こういったことを通して、関係者にとってビジネスメリットが大きくなるようになれば、、と思う次第です。
うーむ、、、この辺の言い回しが凄く難しいところなのですが、兎角、そういったロジック的な話とマーケティングやデザインが融合した時に、結果に繋がりやすくなれば嬉しいところです。

という感じです。


記事の文末にある内容は付け加える必要がありそうなので、この記事内でも引用させて頂きます。


(原文に付けられた)コメント欄を見ると、僕がユーザーのことを考えたサイト構築を否定しているという印象を持った人が多いようだけど、これは完全な誤解だ。
Webサイトは人々のために作られているのだから、ユーザーのことを考えて作業すべきなのは言うまでもない。
この記事で僕がもっとも訴えたかったのは、あくまで検索エンジンを対象とする最適化作業に関する部分であって、検索エンジンに的を絞った戦略(XMLサイトマップ、アンカーテキスト、リンク構造、ウェブマスターツールの利用など)は、「ユーザーのため」ではないという理由で無視されるおそれがある、ということなんだ。
上記のグラフや箇条書きは、「ユーザーを対象としたSEO」だけに注力していると、SEOのもう一方の大きなチャンスを逃してしまうことを説明するためのものだ。


では。

Comments:0

Comment Form

Home > 仕事 > ちょっとした安心を憶えた瞬間

ブログ内検索
Feeds
Links

Return to page top