Home > 仕事 > | 日常 > 仕事について

仕事について

どうも、お疲れ様です。


先日の連休中に久しぶりに本を買いました。
楽天の三木谷さんの自序です。
昨年発売された本だったのですが、なかなか本を読む気になれず読まなかったのですが、連休中に 1 冊くらいは読んでおきたかったので読みました。

楽天さんとは関わりを持ったことがなく、現場の状況などは知らないのですが、本だけを読むと厳しく凄絶な現場であるようなことがひしひしと伝わってきました。
普段は日経ASSOCIE 系の本を読むことが多かった中、どっしり腰を据えて読めたのが自分の中でも有意義だったと感じてます。w

さて、三木谷さんの本を読んで凄く思ったことがありました。

「仕事」って何をすることか。

というところでしょうか。
一言聞いただけでは意味不明な疑問かもしれませんので、メモ程度に書いておこうかと思います。

「自分のために仕事をする。」
「お客さんに喜んでもらって、自分の存在意義を持つために仕事をする。」
「成功して喜びに浸るために仕事をする。」

上記に並べた 3 つの代表的な理由は、大概の人が考えていることだと思います。
実際に自分も同じことを考えてたりもします。

が、果たして実際にそのような信念を持って仕事をしているかどうか、ということです。
お金が目の前にちらつけば飛びつくのが人間です。
お客さんがどれだけ喜んでも、自分にメリットがなかったらやりたくないのが仕事です。
はたまた、好きでもない仕事を選び、給料をもらうために仕事をしている人がいるかもしれません。
そう考えた時、恐らく、信念通り仕事をしている人はほんの一握りじゃないかなぁ・・・というような気がしてなりません。
そして、そういう人はプロに徹しないので、仕事をしているというよりは「給料をもらうための義務」を行っているということに他ならない気がします。

今、自分はどういう考え方で仕事をしてて、どういう結果を出しているか、常々考えたいものです。


非常に難しい問いだなぁ・・・と改めて思いながら、まとまりのない文章を書く自信があるというところで、これ以上は書かないことにします。笑
だいぶ眠たいので、今日は早い目に寝ようと思います。
ではでは。。

Comments:0

Comment Form

Home > 仕事 > | 日常 > 仕事について

ブログ内検索
Feeds
Links

Return to page top