Home > Archives > 2013年6月 ブログ記事一覧

2013年6月 ブログ記事一覧

不格好経営者

どうもお疲れ様です。

先日、予約しておいた「不格好経営 - チーム DeNA の挑戦」が、明日届くようです。
かなり楽しみにしています。
著者は言わずと知れた、 DeNA 創業者の南場氏です。

代理店勤務時代、 DeNA の方とやり取りはしたことがあったんですが、その裏を知ることが出来るようで、妙にわくわくしています。笑
「渋谷で働く社長の告白」を読んだ時も、同様のことを感じたりしていました。

たくさんの接点があったわけではなかったんですけどね。苦笑

このように会社も起業家としても名の売れた方とは、全くと言っていい程ステージが違うんですが、共通することがあるような気がしますし、何度も読んでると見えないことが見えてきたり、モチベーションが上がったり、色々あるモノです。
基本的に「モチベーション」という言葉はあまり好きではないんですが、敢えて使ってみました。

「見えないことが見えてくる。」ということ。

業歴が長かったり、先輩社員がいて仕事をする環境が整っている会社には、普通に仕事をするために必要なモノが揃っていることが多いと思います。
多分、それが普通なんだと思います。
ぼくもそれを普通と思って経験してきました。

しかし、ゼロベースでスタートするとそれらがありません。
デスクや椅子、社員旅行や誕生日を祝うようなイベント、事業やサービス、それらに付随するであろう資料、そして経理や総務や人事に関する資料、極めつけはルール、これらが全くない状態です。
勿論、お金もありません。
従業員を雇うことの大変さを知らなければ、知識も見識もありません。
あるのは「やる気」と「無知さ故の行動力」と言ったところでしょうか。笑
「経営者」とか「社長」と言うと聞こえはイイかも知れませんが、その実、なかなか中身の追いつかない情けないことが多いです。

ぼくは個人事業(フリーランス)として創業してからと、法人化して社員を雇い始めた時に、そういうこと諸々(の本質)に気がついたように思います。
事前に本などは読んで色んなことは考えてました。
数字を上げてから・・・と何も考えずに前に出た感じです。
しかし、やはりかなり大変なわけです。
これを体験する前と後では、考え方がやはり変わるモノでして、それまでに読んでた本を一通り読みなおしました。笑
そしたら、また違う見え方をするんですよね、面白いくらいに。

そういうステージに応じて色々と見え方が変わると思ってまして、やはり色んな方の本は読んでおきたいところだと思ってたりします。

あと、「モチベーション」について。

ぼくは先述のとおり、「モチベーション」という言葉があまり好きではありません。
これは学生の時からです。

何と言うか、モチベーションを言い訳にするのが嫌なんですね。
上がったから何?下がったから何?という感じです。

勿論、しんどい時はあると思いますが、だったら早く寝て早く起きるとか、音楽を聴いてハイテンションになってみたり、やれることは何だってあると思ってます。
だから、疲労が溜まってる時は重要なことに影響が出ないように調整をすべきだと思ってます。

基本的にモチベーションを言い訳にする人って結果が出ないと思うんですよ。
何でも良いんですが、トップを直走る方は、モチベーションを言い訳にすることはないと思うんですよ。
良い時はモチベーションという言葉を持ち出しても、悪い時にモチベーションとは言わないと思います。
つまるところ、そういうことだと思ってたりします。
色々な考え方があると思いますので、モチベーションを否定するつもりはありませんが、あくまで個人的にはあまり好きになれないということでお願い致します。

さて、

「果報は寝て待て」ということで、明日を楽しみにしたいと思います。
では。

Index of all entries

Home > Archives > 2013年6月 ブログ記事一覧

ブログ内検索
Feeds
Links

Return to page top